スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐり倶楽部でなくてもいい

●常に忘れてはいけないことがあります。「どんぐり倶楽部」ではないものを選ぶ...という選択肢もあるということです。
●する事と同じようにしない事は同等に選択なのです。ですから「しない」という選択肢も常に持っていなくてはいけません。テキストのために子供があるのではなく子供のためにテキストがあるんです。子供のために「しない」という選択もありえるんです。
※ただし、「どんぐり倶楽部」の理論は知っておいて下さい。その上で「しない」場合は大丈夫です。大事なのは理論なんです。理論が分かっていればどんなものでもアレンジできます。理論を知っていればどんなものでも工夫が出来ます。ですから、大丈夫です。 (どんぐり倶楽部 BBS 2007年02月24日 14時32分07秒)


どんぐり倶楽部に関わっていて、何より辛い思いをするのは、どんぐり倶楽部を自分自身で考えもせず信じている、どんぐり倶楽部以外のものが見えなくなっている、洗脳されていると思われ、言われることです。

けれども、どんぐり倶楽部の手法でやっていることが洗脳されたことになるのでしょうか。小学校で算数を教える手法も、色々ある手法のひとつであり、公的教育でやっていることだからという理由で、調べもせず、考えもせず、それが正しいと鵜呑みにすることは、一種の洗脳された状態ではないのでしょうか。

どんぐり倶楽部の手法と理論が正しいか・正しくないかは、多くの場合、自分自身が物事をどうやって考えたり感じたりしているかを静かに観察し、自分の子どもを冷静に見ることで、素人でも確かめられることです。それをやってみると、どんぐり理論というのは、奇抜でも新奇でもなく、人間という生き物の自然な発達、自然の摂理に無理なく沿うことだとわかります。

私自身、他の手法に流れそうになっていたこともありました。子育て本・学習法に関する本も沢山読みました。でも、落ち着いて観察し、考えれば、自分を含めた生身(なまみ)の人間から知った事と、どんぐり倶楽部の理論以上に一致し納得できるものは見つけられなかったのです。また、子どもに関する優れた本でも、子どもの全体(知性・感性、学校・日常など)から部分を語るのではなく、部分だけを語っているので、語られている部分以外の事になると「かゆいところに手が届かない」状態になり、別の子育て本を読みあさらなければならなくなるのです。

たとえば、成績はいいのに情緒は不安定な子どもがいるとします。成績向上のための情報は色々あります。何歳からどういう習い事をすればいい、どこの塾がいい、どの問題集がいいなど。でも、そういう情報からは、情緒のことはあまりわかりません。そこで、情緒安定のための情報収集を別にやらなければならなくなります。

でも、どんぐり理論では、まず、成績とは何か、学力とは何かから問います。(成績と学力は違います)そして、学力と情緒をバラバラにしません。人間は部分の寄せ集めではなく、部分が全体に、全体が部分に影響するからです。従って、学力も情緒も理論の対象になっています。(このことについては、11月25日の記事にも書きました)

どんぐり理論については、まだ日々発見の段階なのですが、それでも、理論を理解すればするほど、学習だけではなく、子どもと接するあらゆる場面で、迷うことが少なくなり、気分的にも楽(らく)になったので、このブログを書いています。自分自身が情報洪水で溺れかけたので、右往左往し、追い詰められたお母さんたちの気持ちが分かるからです。

冒頭の引用文にあるように、どんぐり倶楽部はどんぐり倶楽部の教材でなければならないとは言っていません。どんぐり倶楽部の教材を使わない選択肢も親は持つべきだとさえ言っています。それを具体的に示したかったので、1月5日には、どんぐり文章題ではなく、「道草学習のすすめ」のこだま先生の問題も記事にさせていただきました。どんぐり倶楽部は教材を各種メディアで大量販売して利益をあげようと躍起になっているわけでもありません。どんぐり理論に沿った教材が無かったので、作らざるを得なかったまでです。子どもが問題を「選ぶ」という経験をするために、問題数を実際に取り組む2倍は用意しようとすると、各学年100題必要になったわけですが、これだけのことをしてくださる教育者が現れないので、どんぐり倶楽部の理論に沿って子どもを育てようとすると、どんぐり倶楽部の教材を使うことになってしまうまでです。

どんぐり文章題を各地でやる子供が増えれば、絵図の遠隔展覧会も出来るし、離れた場所に住む子ども達が共通の話題が持てて、楽しくしゃべることも出来るかも知れない。それは、素敵なことでしょう。でも、他にも楽しい文章題を沢山作って公開してくださる方がいらっしゃれば、「君は何やった?」「僕はどんぐり」「ふ~ん、僕は△△だよ。こっちも面白いよ」となるかもしれません。それはもっと素敵なことです。私は元来、画一的なことは嫌いです。ファシズムを連想してしまいます。

どんぐり理論を知っていれば、おもちゃの選び方、インテリアの置き方、言葉のかけ方などなど、日常生活の色々な場面ですべきこと、すべきでないこと、少々手を抜いてもいいことが、自分で判断できるようになってきます。(私が実際出来ているかは別問題ですが) ですから、大事なのは、教材の方ではなく、理論の方です。子どもの状態はそれぞれ違うので、場合によっては、「今はどんぐりの教材でも使うべき時ではない」とか、「もう、教材は卒業していい」とか、「(塾や学校の)どんぐり以外の教材をこう使えばいい」ということもあると思います。

人間の自然な発達と、そのために整えるべき環境を知っていれば、各家庭が置かれた環境の中でどうすればいいか、何が出来るかという具体的方法を各人が工夫したり、判断したりできます。逆は出来ません。人間の数だけある環境に応じて、一つ一つ個別の処方箋を書くのは、どう考えても無理です。

今の時点で、私にしっくり来るのはどんぐり理論ですが、どんぐり理論とて、誤りがある可能性がゼロとは言えません。研究が進み、訂正すべき点も出てくるかも知れません。その時は、謙虚に受け止められるように、「どんぐり教徒」になってしまわないように心しておきたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。