スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理不尽なこと

私自身が育てられた過程と、自分がパセリとミントを育ててきた経験から、これは「子育てのキモ」ではないかなと思うことがあります。それは、

子どもが理不尽だと感じることをしないこと。

子どもは親(保護者)がいなければ生きていけません。養ってもらわなければ餓死してしまいます。そういう親の立場を悪用すれば、親の自分勝手な都合で、スジの通らないことに従わせることが出来ます。子どもは、心の中では「何か変だ」「納得できない」と感じても、大人のように理論武装できないので、ただ「いやだ、いやだ」と言ったり、暴れたりするか、弱い立場を察知して黙って服従するしかありません。

親だって未熟な人間なので、虫の居所が悪ければ、たまには、子どもが理不尽だと感じるような怒り方(八つ当たり、鬱憤晴らし)をすることもあるでしょう。私もそうでした。でも、それがたびたびになると、子どもの心には、ドロドロした汚泥のような気持ちが積もっていくに違いありません。

どんぐり倶楽部の掲示板の過去ログに、反抗的で弟に対して八つ当たりする小学3年生の男の子についての相談があります。「子供の心を尊重する子育ては私には難しく」「厳しく習慣づけをしないとだめ」と先輩ママに言われたこともあり、「毎日口うるさく宿題をさせ、片付けもきっちりできるように言い聞かせて育てて」きたのですが、「口答えがひどくなって」「親子関係がギクシャクし」「下の息子にも八つ当たりする」という相談です。(2009年4月10日)

それに対する回答は、

「毎日口うるさく宿題をさせ、片付けもきっちりできるように言い聞かせて育てて」きたこと(厳しい習慣づけ)は、

お母さんがやってきた、(子供にとっては納得できない)理不尽なこと
※実は、これは何の意味もなく価値もないことです。もちろん、子供に納得できるはずがありませんし、しないほうが自然です。何と言っても、これは大人の勝手な都合ですからね。当然ストレスとなって蓄積され、はけ口を見つけだし、ストレス発散をします。(2009年4月13日)


秋葉原の無差別殺人事件の裁判で、被告が、小学校高学年の時におねしょをしたら、おむつをつけさせられたと言ったそうです。

被告の受けた厳しいしつけは他にも色々あるのですが、私にとっては、この部分が最も胸が痛みました。

ミントも小学校高学年になってもおねしょをする子でした。おねしょの頻度が減らないなら病院に行ったでしょうが、減りつつあったので病気の心配はしませんでした。でも、高学年ともなれば、指摘されなくても、おねしょをしたことを恥ずかしく思うので、ミントの心の方が心配でした。

恥ずかしいという気持ちを小さくするために、

「赤ちゃんは昼も夜もおしっこをするのに、夜、眠っているときにはしなくなるのは、成長に従ってホルモンの分泌のしかたが変わるからだよ。」
とか、
「生まれたときから歯が生えている子もいれば、1年後に生え始める子がいるように、成長のしかたは人それぞれ」
とか、
「臨海学校なんて大丈夫。夏なんだから、すぐ乾く。友達には黙って知らんぷりしておけば、ばれないって」
などなど、手を変え品を変えて、気を配っていました。

おねしょというのは、本人の意志とは関係がありません。高学年ともなれば、指摘されなくても屈辱的に感じるはずです。やりたくてやったわけでもないことを非難されると、子どもは「理不尽」だと感じるでしょう。それに加えて、おむつをつけさせるというのは、屈辱に屈辱を重ねることになります。心はズタズタでしょう。

「世間体(せけんてい)・みえ」などの親の都合で、子どもをねじ伏せないこと。
親の方が口達者のことを利用して、子どもをあなどって、自分勝手な理論(屁理屈)で操縦しないこと。

つまり、

子どもが理不尽だと感じるようなことをしないこと。

そのためには、子どもの気持ちがわかる、子どもを感じることが出来る、子どもに共感できなければならないでしょう。また、親自身が自分勝手な都合にとらわれて子どもに接していないか、自分の心のあり方を問う事が出来なければなりません。完璧にすることは難しいですが、それでも、ていねいに子どもの気持ちをくみ取っていくことが、暴力や暴言の無い思春期につながるのではないか。子どもたちを中学生・高校生まで育ててきた今、そう感じるのです。
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。