スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よっちゃんのいた日々

私が通った小学校では3年生から4年生に上がるときには、クラス替えはありませんでした。その3、4年生のクラスに知的あるいは精神的にハンディキャップのある男の子がいました。「知的あるいは精神的」と書いたのは、こういう問題に疎い私には、二つの間の厳密な線引きが出来ないからです。

その男の子は「よっちゃん」というニックネームで呼ばれていました。特別支援学級ではなくて、常に普通の学級にいました。そもそも、その小学校には特別支援学級など無かったように思います。よっちゃんの席は、いつも一番前の列でした。なぜか、いつも明智小五郎が登場する江戸川乱歩の本を持っていましたが、読んで意味が分かっていたかは不明です。授業にはついていけなくて、その本をいじったり、時々、授業を聞いていて、的外れな質問をしたりしていました。でも、たいていは、黙っておとなしく座っていましたし、先生も慣れていて、手短に的外れな質問に答えて、よっちゃんを満足させて、あまり滞ることなく、授業を進めていました。また、不思議なことに、よっちゃんは敬語の使い方が非常に巧み・適切で、この点に関しては、クラスの他の子たちを上回っていました。

人前で鼻をほじくったりしていましたが、よっちゃんは、クラスに自然に受け入れられていて、ちょっとした人気者でした。体育でも、校庭で遊ぶときでも、よっちゃんは体の動きがぎごちなかったのですが、当然のことのように誰かが手助けをしていました。おおげさにではないけれども、誰もがちょっと、よっちゃんを気にかけることが、当たり前の日常になっていました。

よっちゃんと私は、学校からの帰り道が同じ方向だったので、よく途中まで一緒に帰っていました。よっちゃんの家の方が学校から遠かったので、途中で私の家に寄っていくこともありました。ある時、よっちゃんのお母さんに「いつも一緒に帰ってくれて有り難う」とお礼を言われたので、私はびっくりしました。「一緒に帰ってあげている」という意識がなかったからです。よっちゃんと帰ることは、他の友達と帰ることと同列のことだったのです。心理学者ヒルマンの著書「魂のコード」(河出書房新社)に、以下のような記述があります。

 この理論[ヒルマンが提唱するどんぐり理論]は、子供が生まれもつユニークさや宿命があると断言する。それは通常、異常と診断される兆候は、ある意味でユニークさ、この宿命に由来するのだということを意味する。精神病理は、子供たち自身と同じように重要だ。それは二次的なものでも子どもたちに付随しているようなものでもない。子供たちとともにある、子供たちに与えられた、病理学上の判断材料(clinical data)は子供たちの才能/賜物(ギフト)の一部である。つまり、子供たちはみんなあらゆる種類の材料を与えられた才能豊かな子供だということだ。子供に与えられた賜物は、それぞれの現れ方をする。ときにはそれは適応し難く、苦痛を引き起こすこともある、というだけだのだ。(第1章 まとめの一粒p.32)


よっちゃんの状態を「精神病理」と言うのかは分かりませんが、確かにギフトだったように感じます。それも、私とクラスメート達に懐かしい思い出をくれたという意味では、よっちゃんにとってより、私達にとってギフトでした。この文章を書いていても、温かい気持ちになってきます。けれども、今、大人になったよっちゃんに会ったとして、彼を何の偏見もなく、自然に受け入れられるかと自分に問うと、出来そうにないと白状せざるをえません。

みずからの内なる偏見と闘うのは人間の義務だ。そのうえで、「みんなちがって、みんないい」というラジカルなスタンスをどれくらい本気で貫けるか。若い女のほうが老婆よりも価値があるということを所与の事実として仮定し、それでもおばあちゃんに親切にしなければという当然の倫理に帰着させるのではなく、むしろ目の前のしわくちゃのおばあちゃんと熱烈なる恋愛をするかもしれないという可能性をいかに引き受けて世界について考えるかということが、「現代思想」の要諦なのである。(茂木健一郎「思考の補助線」p.103-104)

前回から始まった自由工作教室コーナー
娘7歳
消しゴム粘土:市販の物。よくこねて好きな形にした後、オーブンで焼くか茹でる(製品によって違う)→消しゴムのできあがり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。