スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「口答え」は「お知らせ」です。

子供の頃から、意味がはっきり分からない言葉あります。「素直」です。
直子ちゃんといういとこがいるのですが、そのお母さんは素子(もとこ)さんで、親子の名前を合わせて「素直」というわけです。素直というのは、それくらい日本では尊ばれる徳目なのです。

「素直」という言葉を辞書でひくと
1.ありのままなこと。
2.心の正しいこと。
3.穏やかで人に逆らわないこと。従順。
と載っています。

小学生の頃から、私は口答えをよくする子供でした。母はあまりガミガミ叱るタイプではありませんでしたが、その母が私を怒って叱る原因は主に二つで、一つは帰宅時間を忘れて暗くなるまで外で遊んだこと(女の子が暗くなるまで外にいては危ないので)、もう一つが口答えでした。「口答えをするんじゃありません」「素直になりなさい」と叱られました。一度、ほっぺたをビンタされました。母は叱るときに、たたくことはなかったので、とてもよく覚えています。ビンタは、後にも先にも、この一回だったかも知れません。

でも、叱られている私は、たびたび言われる「素直になる」とはどういう事か、よく分かりませんでした。口答えをしたら、素直になれと叱られたのだから、口答えをしないで、言われたとおりにすることかなと思いつつ、「いつでも反論せずに大人の言うとおりにすること=良いこと」というのが腑に落ちなかったのです。

ところがです。「思考の臨界期」には書いてあるではありませんか。


 「口答え」や「言い訳」は論理的思考が出来るようになった「お知らせ」です。(p.638)

冷静になって考えてみれば、確かにそうです。口答えや言い訳は、「AだからB、ゆえにC」という、頭の中で組み立てた論理を口に出したものです。しかも、言い合いに負けないように、自分の論理が破綻したり、つじつまが合わなくならないように、子供にしては、かなり頑張って緻密な頭の使い方をしています。ということは、「口答え」や「言い訳」は、「この子も、こんな事が出来るようになったんだ」と喜ぶべき事なのですね。

どんぐり倶楽部の考え方は、もともと私が(理由は分からないけど)こうすべきだろうと思っていた事と、共通する部分が多いのですが、これは、目から鱗が落ちた、こんな事思ってもみなかった事でした。この文に出会わなければ、私は「口答え」=させてはいけないこと、と思っていたでしょう。

では「素直」の方はどうでしょう。子供の「口答え」は成長の証だとすると、「素直」の意味の1と2はいいとして、3「穏やかで人に逆らわないこと、従順」というのは、実はいけないことなのでしょうか。

これは多分、年齢とか人間としての成熟度と関係しいるのだろうと思います。1の「ありのままのこと」というのは子供にとっていいことでしょうが、3は子供に要求すべきではないのかも知れません。大人になって、自分の心を見つめることが出来るようになったとき、自分の心に照らしてみて、相手の意見に従うべきだなら、「人の言うことに従うなんて屈辱的だ」なんて、ひねくれてないで従う事ではないかと思っています。自分の判断というフィルターを通して従うべきなら、というワンステップが入っているべきなのではないでしょうか。


自由工作コーナー
娘7歳(小1)
スライム:洗濯のりで作りますが、そこにラメ入りのキラキラしたのりも混ぜました。薄くのばして乾かすと、お皿みたいになります。
プラばん:プラスチックの板に絵を描いて、トースターで焼いて縮ませる。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

納得です

そうですね。
子どもにとって3は要求するものではないですよね。
でも自分の判断をもった大人になってからではワンステップ。
その通りな気がします。
さすがハーモニーさんだぁ~!!!!
こりんご、こんな抜け母なので、たびたび楓に反論されるんです。
でも考えてみると、こりんごがよくない時も多々あり。。。。;;
「じゃあ誰が悪いの?ママ?…ママが悪いんじゃん~!!!」
と大笑いになる事が増えてきました。。。
こりんごっぽいけど、なんだかなぁ~^▽^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。