スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「遊び(A)、友達(T)、視考力(S)」(その3)

息子が小学校に上がる頃には、アパートの子供たちは、余り一緒に遊ばなくなりました。一番年上の子は中学生ですし、小学生たちは学校の友達と遊ぶことが多いからです。息子は、最初、放課後一緒に遊ぶ約束を、なかなか取り付けることが出来ませんでした。それでも、「校庭に行ってごらん、誰かいるよ。学童保育の子が遊んでるかも知れないよ」と言って、送り出していました。そして、間もなく、小学校の同じ学年の友達集団(3~10人)で遊ぶのが日課になりました。息子は習い事をしていなかったので、文字通り遊んでばかりの日々でした。帰宅してベルを鳴らし、私がドアを開けるまでの短い時間で、ランドセルはおろしかけていました。ドアを開けると、そのランドセルを、自分の机の近くの床に放り出し、すぐに飛び出していっていました。

大半の男の子がゲームを持っていましたが、息子は持っていません。友達の家に行き、ゲームをすることもありましたが、外で遊ぶ方がずっと多かったです。外でもゲームをしている子もいましたが、大半はゲームより外で走り回っている方が楽しいことを知っているようでした。

外遊びの内容は昔と同じです。雨の日の翌日に裏山から流れてくるザリガニを捕ったり、秘密基地ごっこや草野球をしたり。公園でボールの壁当てをする時は、トイレの壁に当てていました。公園にはトイレしか壁が無かったからです。壁の上の方には明かり取りの穴がいくつかありましたが、ボールが穴からトイレに入り、男子用小便器の中に落ちることが多々ありました。その話を息子から聞いた時は、一瞬、言葉に詰まりましたが、「壁当てをする前に、必ず全ての便器の水を流すこと、便器に落ちたボールはよく洗ってから使うこと」と約束させて、壁当ては続行されました。

崖に秘密基地を作って遊び、崖下の家に小石がぽろぽろ落ちて、その家のおじさんに「こらーっ」と怒られました。ボールが駐車している車に当たって、親子で謝りに行きました。老木の上の方の蝉を捕ろうとして、枝が折れて落ちてしまい、整形外科に駆け込みました。トランポリンの縁に腰掛けていたら、友達が跳んだ振動で体が跳ね上がり、頭から地面に落ち、その後、嘔吐したり眠ったりしたので、真っ青になって、脳神経外科に急行しました。いつもの集団で公園で遊んでいたら、別の校区の男の子達とけんかになって、顔をボカーンと殴られて、大量の鼻血が出ました。その後、殴った子に偶然会うと、その子が謝ってくれて、一緒に仲良く遊んだという、心和む結末になりましたが。ひやひやすることが多かったのですが、大事に至ることはありませんでした。

高学年になって塾に行き、中学受験もしました。さすがに1年間で理科・社会を詰め込んだので6年生は忙しかったですが、5年生の終わりまでは塾の宿題は少なく、学校の教科書・ノートは学校に置きっぱなしで、宿題は学校のちょっとした空き時間に終わらせて、遊び時間を確保していました。のびのびして、私の小学生時代よりも、昔の素朴さを思わせる子供時代だったと思います。

秘密基地を作ったり、トイレに落ちたボールで一緒に野球をするなどしてくれた大勢の友達、どうもありがとう。


自由工作コーナー
娘7歳
紙すき:紙から紙をつくる紙すきです。好きな色の紙を小さくちぎり、のり(ラメ入りのりを入れてもいい)、水と一緒にミキサーに。できた液を、紙すきの枠に入れて紙を作る。
毛糸のポンポン(マフラーの先によくついているもの)作り。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。