スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラザーサン シスタームーン(2)

こうしてたくさんの貧民や、宗教・社会の矛盾を感じる富裕な生まれの若者の心を掴んでいくのですが、町の保守的な富裕者達、聖職者達にねたまれ、仲間の一人が殺されます。フランチェスコは、自分がやっていることが誤りなのかと悩み、ローマ教皇に会いに行くのです。キリスト教の最高峰は、豪華絢爛な建築で、きらびやかな衣装を着た聖職者がずらりと両側に居並び、その間をボロをまとった裸足のフランチェスコと仲間が、一番奥に飾り物のように座っている教皇の前まで進んでいきます。周囲の多数の聖職者達が驚いたことに、教皇はフランチェスコを励まし、信仰心に心を打たれ、自らを恥じ、彼の汚れた足に接吻します。

アッシジ郊外の風景も美しく、純粋な主人公の心とあいまって、心が洗われるようです。配役も成功しています。主人公に新人を起用し、ラスト近くに登場する教皇は名優アレック・ギネス。宗教の最高峰の飾り物→真の信仰を思い出す聖職者→取り巻きに世話されながら飾り物に戻る、という短時間での変化の演技が素晴らしい。

通常の映画紹介はストーリーを暴露しないものですが、心の掃除をしてくれる映画なので、書いてしまいました。最後に、これまた心洗われるテーマ曲。


Brother Sun and Sister Moon,
I seldom see you, seldom hear your tune
Preoccupied with selfish misery.
Brother Wind and Sister Air,
Open my eyes to visions pure and fair.
That I may see the glory around me.
I am God's creature, of him I am a part
I feel his love awaking in my heart
Brother Sun and Sister Moon
I now do see you, I can hear your tune
So much in love with all that I survey

ブラザーサン シスタームーン
私には、あなたの姿はめったに見えないし、声はめったに聞こえない
惨めなわがままに心をとらわれて
ブラザーウィンド、シスターエア
私の目を開いてください、清らかで美しいものに
私を包む栄光がわかるように
私は神に造られたもの、神の一部
その愛が胸にこみ上げてくる
ブラザーサン シスタームーン
今こそ、あなたの姿が見え、あなたの声が聞こえる
目に映るもの全てに宿る、あふれんばかりの愛の中に

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。