スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏祭り

日本全国津々浦々、色々な祭りがありますが、盆踊りほど普及しているものはないのではないでしょうか。我が家の子ども達は、1年に2カ所の盆踊りに行きます。ひとつは近所の公立小学校の校庭で開催されるもの、もうひとつは私の実家の近所の大きめの公園で行われるものです。ところが、この二つの盆踊り、全然雰囲気が違うのです。

近所の小学校の盆踊りは、踊っているのは手本の人だけで、誰も踊りに加わりません。みんな、夜店で食べたり、飲んだり、金魚すくいをしながら、時々踊りを眺めています。以前は「一緒に踊ろうよ」と、子ども達を誘ったのですが、手本以外は踊っていない輪の中に入るのは嫌そうだったので、最近は私も見るだけになってしまいました。自治会費で大学生をサクラに雇ったらどうかと思うのですが。

一方、実家の盆踊りは熱気ムンムンです。実家は大都市近郊のベッドタウンですが、町開きしてから30年以上たち、初めからここに住んでいる人、私のような帰省している人、親の家を引き継いで住んでいる若い人など、盆踊りに来る人の年齢は様々です。「炭坑節」のようなポピュラーな曲から、このベッドタウンのために作った曲まで、色々な曲をするのですが、幼稚園児から70歳以上と思われる人まで、お手本を見ながら踊りに興じています。

数年前までは、一連の踊りの中に、かなり激しく跳んだりはねたりするものが入っていて、さすがに、それは若者だけで踊り狂っていました。私もかつてはその中に入って一緒に狂っていました。

ところが、数年前から、この熱狂的踊りがさらにパワーアップ。きっかけは、盆踊り会場になる公園の近くにスポーツクラブができたことです。ここでSMAPか安室奈美恵のバックのダンスみたいなダンスを教える講座ができたのです。そして、この講座は老若男女に大人気となり、受講者で「お祭りミックス隊」なるものが組織され、SMAP風ダンスを披露するようになったのです。見ているだけでもすごいです。若い人もいますが、どう見ても普段は会社で経理係でもしていそうなおじさん、白髪の初老のご婦人、髪が寂しくなったおじいちゃんたちが、どこから借りたか、どうやって縫ったか、おもいおもいのキンキラキンの服を着て、跳んだり、はねたり、回ったり、くねくねしたりですから。その間も、鏡のようにキラキラのビキニを着た講座のインストラクターが、「ほら!笑顔が足りないよ!笑って、笑って。はい、右、左、くるっと回って・・・」とマイクで指導。若い人は飛び込みで踊りの輪の中に入って、周りの人を見ながら踊っていて、それなりについていってます。これぞカタルシス。

今年は披露だけではなく、その場にいる人に簡単に指導して、飛び込みでも踊りに参加しやすくなっていました。残念ながら、私は、この踊りの前にあった普通の盆踊りをたくさん踊りすぎて足がガクガクになっていたので入れませんでしたが。それでも、足が動かなくなるほど踊ると気分はすっきりです。

祭りは元来気分転換の場であり、人為的に非日常的な快楽を得るための気分転換の場です。これは人間には気分転換(非日常的なこと)をすることでストレスを発散する(浄化する)というカタルシス作用を起こさせるものですので直接的に危険でなければ羽目を外すことが目的に添っています。祭りは日常ではないんだということを分からせる好機です。(どんぐり倶楽部 過去ログ330)

夜中にコンビニの前でしゃがんでたむろして喫煙している若い人たち、バイクで暴走している若い人たちを、気力も体力も落ちた私から見ると、エネルギーがもったいないなあと思います。エネルギーのやり場に困っているから、日常生活で反社会的になってしまうのでしょうか。1年に1,2度でも、反社会的ではないけれど非日常的なことで狂ったら、普段の生活で、努力と忍耐を要することに向き合えるのではないかと感じます。

(追記 8月21日)
祭り ストレスを発散させ異常行動に進展することを未然に防ぐための仕組みが祭りです。破壊欲求の解消にも役立ちます。祭りの少ないところでは個別に破壊衝動の消化ができるようなお膳立てが必要です。(中略)それなのに、学園祭を学習発表会という反対にストレスのかかる場に置き換えている人達がいます。これでは、子どものストレスは急速に蓄積され爆発を誘発します。ストレス発散という最も基本的な正常に戻る作用を定期的に実施しなければならない学校で、このことに気付いていないことは本当に危険なことです。(「思考の臨界期」pp.541~3)

自由工作コーナー
娘7歳
キャンドル作り:溶かしたろうに好みの色をつけ固めます。異なる色のろうで縞模様のキャンドルも作れます。固めるとき、最後に火をつけるための糸もつけます。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。