スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい秋

秋にはひそやかな楽しみがあります。

我が家の窓辺にサンキャッチャーが吊してあるのですが、初夏から初秋にかけては日光が部屋に差し込まないので、それに光線が当たらないのです。秋分の頃から、少しずつ差し込み始め、そしてある日、サンキャッチャーの一番下のカットガラスに、やっと朝陽が光を届けてくれます。そして、ガラスを通った光は分光し、虹色の楕円や粒になって床や壁に踊ります。秋が深まるにつれ、虹色の楕円や粒はより多く、長い時間に渡って、部屋に留まっています。

早朝、この部屋に入ると、昇ったばかりの朝陽に、ガラスやビーズの連なった長いサンキャッチャー全体がキラキラと光っています。やがて一つ目の虹の楕円が部屋の中に。30分、1時間、1時間半と経つにつれ、虹は増えていきます。ぼんやりとそれを眺める至福の時間。

    素朴な琴    八木重吉
 この明るさのなかへ
 ひとつの素朴な琴をおけば
 秋の美しさに耐えかね
 琴はしずかに鳴りいだすだろう

ひと月ほど前、膝に乗せて演奏できる小型のハープ(竪琴)の演奏会に招いてもらいました。演奏会といっても、20人ぐらいがやっと丸くなって座れる小さな部屋での演奏です。「眠ってしまってもいいですよ」と演奏者が優しく声をかけると、間もなく、自然になり出したかのようにハープの音が流れてきました。特に盛り上がりがあるわけでもなく、子守歌のように音が流れ、自然に終わりました。あとで聞いたのですが、楽譜は無く、即興なのだそうです。

太古の昔、音楽が生まれ時に立ち会ったようでした。
スポンサーサイト

コメント

No title

ああ、よくなりはったんや。

とても美しい文章ですね。
光がきらめく様子を頭に描きながら、
ゆっくり味わって読ませていただきました。
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。