スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイブーム

100コできる(上手な・得意な)ことがあっても、
好きなことがなければ
楽しく過ごすことは出来ません。
ところが、100コ全てができなくても
好きなことが1コでもあれば
楽しく過ごせます。(どんぐり倶楽部「思考の臨界期」p398)


どんぐり倶楽部に出会うよりずっと前から、私達夫婦が大事にしていたことがあります。それは、

子どもたちのマイブームを大切にする。

お子さんをお持ちの誰もが御存知だと思うのですが、子どもは、一時期一つの遊びに熱中し、ぱたっとやめてしまうことが多いものです。我が家の場合、息子は工作(小さい物から、段ボール箱数個を使った大きな物まで)、プラレール、ベイブレードとベイゴマ、様々な機械の中身見ることなど。娘はリリアン(ティッシュの箱に割り箸数本を取り付けて毛糸で編む)、アイロンビーズ、「世界の国ぐに探検大図鑑」(小学館)を隅から隅まで読む、写真撮影など、そして今は園芸です。

プラレールに凝っていた頃は、立体交差をする複雑な線路が作れるように沢山の線路を買いました。ベイゴマを微妙に削るためにヤスリを取りそろえました。不要になったパソコンの中を開けて見せました。リリアン用に色とりどりの大量の毛糸を買いました。アイロンビーズも沢山買いました。娘専用のデジカメをサンタさんに持ってきてもらいました。

段ボールや不要なパソコンは別として、マイブームが去ったあとには大量の不要品が残りました。でも、それでいいのだと思います。マイブームをチャンスだとばかりに利用して、機械が好きだから理科の問題集をやらせるとか、外国に興味があるから英語教室に入れるなどして、好きなことを無理に学校のお勉強につなげようという欲など出してはいけないと思うのです。

私は小児科医でもなければ、児童心理学者でもなく、保育士でもありません。母親になったとき、子どもの発育に関する専門的知識はゼロでした。ですから、自然の一部である人間の子ども、その子どもの自然な状態は何かということを観察し、感じ取って、それに従って育ててきました。子どもは正しく成長するようにプログラムされているのだろうと。熱中する対象がくるくる変わることも、理由は分からないけれども、成長に必要なことなのだろうと今でも思っています。

冒頭の「思考の臨界期」の引用に続く部分に、

好きでない仕事に就いたとき
好きなことがあれば仕事を続けられます。(p.399)


とあるので、ここは大人向けに書かれたのかも知れません。でも、子どもの時から、好きなことを大事にする習慣が身についていれば、大人になってからの心の財産になると思うのです。

また、以下のような一節もあります。

大事な大事な満足回路
満足したという感覚が
納得感を導き
次のステージを
目指す動機となります。
「ネクストステージ理論」といいます。
「ここでやるべき事はやってしまった」
「次は何をしよう」
という感覚が大事なんです。(pp.141-142)


これも、マイブームではなく、その時その時にしていることを中断させることを戒めているのかも知れませんが、もう少し長期的な時間で熱中するマイブームにも言えるのではないでしょうか。

実は、工作や機械の中身を調べるのが好きだった息子は、マイブームに終わりませんでした。中学生になった今は、電気工作やプログラミングが趣味です。未だに機械が動く仕組みに興味があるのです。彼は好きでもないのに美術の絵画も結構上手だし、好きでもないのに音楽で歌ったり、笛を吹いたりするのも上手です。でも、これらのことは、好きにならない限り、彼の人生にとって、あまり意味がないように感じます。

できるからする
できるからさせるってのは最低
やりたいからする
やりたいからさせるってのは最高
やりたいことを大事にしてあげるのが子育て
できなくても大事にしてあげることは出来る
できることが何個あっても
やりたいことがなければ無意味(pp.704-705)


自由工作コーナー
娘9歳
ドールハウス:板をボンドで貼り合わせて家を作り、布を貼り付けて飾り付け

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村       

スポンサーサイト

コメント

まさしく

はじめまして~
あじさいさんの所から来ました。
小5娘&0歳児の姉妹がいます。
どんぐり歴四年目です。

ほんとまさしくその通り!って思います。あまりに見ていて感動してしまい、書き込みさせていただきました。
宜しくお願い致します。

loveさんへ

はじめまして。
読みに来てくださってありがとうございます。

そうなんですよね~。生まれたときは「元気に育ってくれれば」だったのに、「この好奇心を生かさなくちゃ」になって、子どもが楽しみでやっていたことを、親が苦しみに変えてしまうのですよね。

そういうふうになりがちだって事を、時々意識して自覚しないとね。すご~く視野が狭くなって、トンチンカンな方角に暴走しないように。

ありがとうございます~!

ハーモニーさんの記事のお蔭で、「あぁこのままでいいんだ」と思ったり、「あぁオモチャ入れに溢れていた作品達は片付けなかったほうがよかったのかも。。」といろんな事を思っています^^;

いろんな考えの家庭があって、おもちゃを買うのはクリスマスと誕生日だけ、とか、必要で余裕があれば買う、とかあります。。。
こりんごはどちらかと言えば買ってあげちゃう方(いつもポンポンではないですよ!)で、これでいいのか?悪いのか?と微妙な気持ちでいました^^;

ちょっと安心。
ハーモニーさんは購入派だったのですね!
息子さんのように、今の楓の分解趣味もこりんごの手の届かない高度な趣味へ発展するのかなぁ~♪
この小さな芽をつまないように、大切に見守ってあげたいと思います。(ここ1年くらい、新しく買ったオモチャは全て分解。分解しては直して、また分解…)
このPCはもうそろそろ引退だから、そしたらあげようと思います。^^
そろそろ編み物の季節ですね♪
ステキな記事、ありがとうございます^^

こりんごちゃんへ

おひさしぶり!コメント、いい点をついてますねえ。おもちゃの買い方、大事だし、悩んでいる人が多いと思います。我が家もそうでした。マイブームは大切にしたいけど、ねだれば即手に入る、にはしたくない。そこで悩むんですよね。我が家の場合は、

1.誕生日などの特別プレゼントと、普段買う物とでは、見栄えに大きく差をつける。例えば普段は何回かねだられたあげくに、ポケモンカード1パックだけど、誕生日ならもっと沢山にして、他のおもちゃで気に入りそうな物・クリエイティブに遊べそうな物、ねだられていないけど喜ぶと分かっている物をつける。

2.特別プレゼントの日が近い時は、「誕生日に買ってあげる」と言う。特別プレゼントまで待っていたらブームが去ってしまうかもしれないほど遠いときは、控えめに買ってあげる。

3.普段の時は、買わずに手に入る物は、購入ではない方法で手に入れる。例えば、すでにブームが去った年上の友達に譲ってもらう。リリアンの毛糸なら、小さくなったセーターをほどく、など。

4.普段も特別の日も、携帯ゲームなど望ましくないと判断した物は買わない。

あまりポンポン買いすぎると、望んでいた物がやっと手に入ったという喜びが無くなってしまうので、私も随分悩みましたよ。




ありがとうございます~!

こりんご、天然ハーモニーさんになりつつあるかも!!!
かなり嬉しいコメントでした!

我が家、『おもちゃ買ってあげるほう』だけど、普段買うのは100円ショップにあるオモチャ(こりんごの用がある時、一人一つ)位なんです。
時々、じじ&ばばから「好きな物買いなさい」と子供たちがお小遣いをもらうのですが(一人5千円位)、それを軍資金におもちゃを買いに行っても、我が子達が欲しがるのは200~800円の安いオモチャなので、トムと「これくらいなら」と我が家のお金で買うんです。
いただいたお金は、ブーム到来の時に買ったり貯金したり。

普段買うのは、小さな、安いオモチャなので(ほぼ研究材料)、ハーモニーさんが言うように誕生日、クリスマスは結構豪華だったりします!

今年のクリスマスは、子供たちがサンタさんにリクエストしたオモチャ+きっと夢中でやるだろう的なオモチャを2つずつプレゼントしようと思っていました^^
誕生日も似たような感じです。
天然ハーモニーさんで嬉しい!!!

ゲーム等は買わない、と断言してるし、「欲しい」と言われたものを全てポンポン買うわけではないけれど、買うべきときに本当に欲しい、本当に遊べるものは買ってあげているからか、そこまでねだられる事はないです。

このままで行こうと思います^^
ありがとうございます!

悩みのツボ

すばらしい記事をありがとうございます!
みんなの悩みのツボを、すかっと書いていただいた感じです。

うちは、たまごっちやDSを頑なに買わなかったぶん、
他は、ちょっと買ってやり過ぎかな・・・。
それもかなり私の趣味に左右されすぎてるきらいが・・・。
でも、ま、いっかあ。


しまりすさんへ

えっ、ツボでした?それは良かった。

息子の小学校時代の同級生のお母さん達からの話では、中学時代の女の子は、携帯メールとのつきあい方が難関みたいです。携帯でメールしないと友達づきあいが難しい、でも、やり始めるとはまって、学校を出たら携帯にかじりつき状態。電話で話せばすぐ終わることを、メールでやりとりして決めるのだそうです。

ゲームの害から守れたと思ったら、次は携帯で悩むことになりそう。

No title

携帯ね~~。
中学では絶対買わない高校でもたぶん買わない、
その後は自分でお金出して買ってね、
と言い渡していますが、どうなるやら。
私も持ってへんから、中学ではとりあえず、
そのセンでいこうかと。
あきらめてくれるといいんですが。

はじめまして♪

はじめまして。 どんぐり一年目の小2男子の母です。
記事を楽しく読ませていただいています。

おもちゃのこと 皆さんのコメントの通りで とっても うれしくなってしまいました。
同じように思っているお母さんがいっぱいで・・・ほっとしました。

DSは買わないよ!と言い続けて3年目。

譲ってもらったデュエルモンスターのカードゲームか
ベイブレードに進むのか これからの子どもの様子が見ものです。
2年生でこんなのやる必要ない気もするのなあ と思いますが
ここらあたりなら 譲れるところだなと思ってみています。

おもちゃ  携帯など 悩みは多いですが 考えつつ購入していきたいです。

また お邪魔します~

風の歌声さんへ

こちらこそ、はじめまして。

しばらく前から、訪問者リストに素敵なHNの人が来てくれてるなあ、ママみたいだからドングラーになってくれないかな、とおもっていました。最近、どんぐりの人なんだって分かりました。

男の子のママは、これからかDSとの戦いですよ~。
3学期のはじめなんか、クリスマスとお年玉で新しいゲームをもらった子が多くて、ゲームの話で持ちきりになるんです。毎年、この時期は、息子も寂しそうでした。DSを買ってあげようかと何回迷ったことか!


ありがとうとざいます!

ハーモニーさん ありがとうございます。
そうですよね これからの年末年始は 息子の誕生日も重なるので
苦心の日々が続くと思いますが 様子を見つつ 考えて見ます。
ゲーマーじゃない 私と夫は 子どもにも やらせたくないんです。

まだ1年半位のドングラーですが  過去ログで お名前 拝見しています。
こちらで コメントされている皆様のお名前も覚えています。
先輩ママの書き込みは 本当になあ・・・と思うことなので
参考にさせていただけて ありがたいことばかり。
だから 自分では 書き込みするほどじゃないなあと思って
倶楽部のBBCは ロムのみです。

失礼でなければ リンクさせてください。
どうぞよろしくお願いいたします。


 

風の歌声さんへ

どうぞ、リンクしてして~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。