スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2M96

息子の初めてのどんぐり文章題2M48について先に書きましたが、絵どころか線分図すら描かなかったことに、あまりショックを受けませんでした。正解は出たのだし、絵とか図を描くように言わなかったから描かなかったのだ、言えば描くだろうと思いました。絵や図を描く事以外、文章題のやり方(ヒントの是非、問題をやるペースなど)は全然知りませんでしたし、知ろうともしていませんでした。当時、私はインターネットを使い始めた頃だったので、あちらこちらをクリックするとウィルスが入ると思っていて、過去ログなど、どんぐり倶楽部のHPの様々なコーナーを怖くて見れなかったのです。

それでも、とりあえず、図を描くように言ったので、息子は2問目からは図を描きました。絵ではなく無駄のない図でしたが、私自身が線分図のような無駄のない図より絵が望ましいことを分かっていなかったので、息子の描く図を見て、がっかりすることはありませんでした。

こうして、数問やった後、初めて私がショックで動転したのが問題が2M96です。

2M96 ハムスターのチェリーちゃんがお散歩にでかけました。まず、お家から950m北にあるお花見公園で沢山のお花を見てから、お昼ご飯を食べました。帰り道は、お花見公園から南に20m、西に100m、南に80m、東に300m、南に850m歩きました。では、ここからチェリーちゃんが、一番短い距離で家に帰り着くのには、どちらの方向(東・西・南・北)へ何m歩けばいいでしょう。



図の右下が家、家から斜め左上が公園です。
家から公園へ行き、20m逆戻りして、その次に西へ行くところを東へ100m行ってしまっています。
「東西南北も分からないなんて」「こんな簡単な問題が分からないなんて」

ショックのあまり、冷静に図を見ることもできませんでした。

今見ると、この図には東と西を間違えている以外にも問題点があることが分かります。
お気づきでしょうか?
まず、初めに進んだ950mの約半分の長さを、逆戻りした20mにしています。
そして、定規を使って線を引いています。

絵図を描くということは、考えていることを紙に描いて視覚化する、頭の中でやっていることを描く事によって外部記憶装置に移しておいて次なる思考に頭のエネルギーを存分に使うということです。こういう習慣づけをする観点から見ると、算数に限らず、日常のあらゆる場面で、考える時に定規はいつでも手元にあるとは限らないですから、フリーハンドで、目分量で描くべきなのです。950mの約半分が20mでは目分量になっていません。こういった問題点に、6年半前の私は気付かなかったのです。

私の失敗談がお役に立てば幸いです。

自由工作コーナー
娘9歳
マスコット:フェルトでウサギのマスコットを作りました。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。