スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状把握力(2M38)

女の方が6人多い男女のアリさんが2列に並び、女のアリさんの人数を求める問題です。
ミント(当時小3)の1回目。

2m38 (2)

全体を1本の数直線で描く→全体の人数を記入 のあと、女が6人多いので、男女を半分に分けて、女のアリさんの線を男側に6人分伸ばしています。その結果、女が6人増え、男が6人減って、差が12人になってしまいました。いかにも、ありがちな間違いです。

なぜ、こんな間違いをするのでしょうか?

「2列に並ぶ」という部分が図になっていないからです。どんぐり文章題の低学年向けの問題は、文章をそのまま正確に絵図に出来れば、出来た絵図を変形しなくても、そのままで答えが見える場合が多いのです。つまり「正確な絵図化」がポイントです。今では子ども達は中学生・小6になっているので、この「正確な絵図化」のことを、私は「正確な現状把握(はあく)」と言っています。

大人でも込み入ったことを考えるとき、問題に直面したとき、まずは現状把握からしますよね。それが出来なければ、解決策も考えられませんから。

ミントの2回目。

2m38.jpg

素っ気ない線分図ながら、今度は「2列」という情報も図に入っています。

こちらはパセリ(当時小3)。

2m38 (3)

こちらは地道にひとつひとつアリさんを2列に分けて描いています。男女の差6も囲んであって意識していることが分かります。割り算の筆算の書き方が、足し算・引き算のようになっているので、私が赤で訂正しましたが、今見ると、トライアングルナンバーズの2-18-9を書き添えれば良かったと思います。九九にある範囲の桁数の小さい割り算なら、パセリの書き方でも計算には全く支障が無いのですが。このような簡単な割り算しかやらない間は、よくこのような書き方をしていました。学年が進んで、桁数の大きい割り算をするようになると、このような書き方は不便なので、自然にやらなくなりました。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。