スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラビア書道

ここ数年、病で寝たり起きたりの生活をしてきました。極力アポイントメントは入れず、どうしても外出しなければならない日は、乾いたぞうきんを絞るように力を振り絞って起き上がっていました。だんだん回復し、昨年あたりから、起きていられる日が多くなりましたので、近所のカルチャーセンターで習い事をすることにしました。近所で月2回なら、通えそうな気がしました。それに、体調が悪ければ欠席すればいいのですから気楽です。かねてから、習うなら、あっと驚かせることができそうなものがいいなと思っていました。

そんな折、そのカルチャーセンターで、アラビア書道という珍しい講座が開設されることになりました。誰でも一度は、テレビでくねくねしたアラビア語の文字を見て、「どうして、あれが文章になってるんだ?」と思ったことがあるはず。その文字で書道ができるなら、素人レベルでも、私は賞賛の的だ!というわけで、昨年秋から、月2回のお稽古が始まりました。

日本の書道は一気に書きあげる、精神性の高い芸術ですが、アラビア書道は、デザインと言った方がいいかもしれません。書道というよりカリグラフィーです。ゆっくりゆっくり筆を動かして、かすれないように黒々と書き、かすれた場合は、あとから塗りつぶしてもいいのです。それどころか、ちょっとした失敗は、消しゴムで消すように、紙を削って消してもいいのです。筆は細い竹で、先端の縦半分数センチは切り落とし、残りの縦半分の先を切ったり削ったりして、「へら」状にします。「へら」は「へら」でも先が幅7~10ミリ横まっすぐで、厚みは1~2ミリです。毛筆ではないので、線の太さを変えるには、筆圧ではなく、筆の向きを変えます。幅10ミリなら、最大10ミリ幅の線が書け、厚み1ミリなら、筆を一部浮かせるという手法を使わなければ、最小1ミリ幅の線が書けるというわけです。

私が今習っている書体は、筆跡がメビウスの帯のごとく、リボンがねじれたような線を出さなくてはなりません。これが結構難しいのです。先生(男性)は大変紳士的な人です。セクハラと勘違いされることを恐れてか、生徒の手を取って教えることはありません。自分でやってみせるか、書いている生徒の横で筆の動かし方を実況中継のように説明するかです。

この実況中継が始まると、先生は言葉との格闘、私は筆との格闘となります。先生の頭には的確な筆の動かし方のイメージがあり、先生はそのイメージを私に伝えるのに最適な言葉を探しながら「ねじるように」とか、「ひねるように」などと、頭の中の辞書を高速でめくりながら、あの手この手で説明してくださいます。その言葉が、私にピンとくれば、先生のイメージに近い筆の動かし方ができます。でも、なかなか、先生が思い描いているイメージが私の頭にイメージされず、「えー、せんせー、こうですかあー」となるときは、暗闇を手探りで歩いているような気分です。よくわからないまま、当てずっぽうに筆を動かしてしまうので、およそ書道とは言えないような「しろもの」が出来上がってしまいます。先生にしてみれば、まるで、子どもに鉄棒の逆上がりを教えるような状態です。運動がイメージできる・できないとは、こういう事かと思い知らされます。そして、どんぐり倶楽部の糸山先生の、体操好きな娘さんのお母さんへのアドバイスを思い出します。


 体操第一です。体操でも学力は伸びるんです。工夫すること工夫すること。体操で工夫すること。体の制御に使う視覚イメージと思考に使う視覚イメージは同じなんです。






スポンサーサイト

コメント

No title

>素人レベルでも、私は賞賛の的だ!というわけで

あはは。ハーモニーさんのこういうところが好き。
それで、どういう言葉を書いてはるんでしょう?
興味があります。

しまりすさんへ

ひと文字ずつ書くところから始まって、単語、名前とすすみ、今は決まり文句になりました。「こんにちは(アッサラーム・アライクム)」とか「慈悲深く慈悲あまねき神の御名において(ビスミッラーヒ・ラフマーニ・ラヒーミ)」
ビスミッラー~の方は、いろいろな文章の冒頭に書かれる文句で、夫が参加した理系の学会の発表者のレジメの冒頭にまで書いてありました。イスラム教徒のマレーシア人研究者でした。レジメの本文は英語なのに、冒頭にアラビア文字でこれが書いてあったので、夫は「なに、これ~???」て言ってました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。