スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80%の62.5%は?(6M04)

どんぐり文章題の中で一番人気があるのは恐らく、筋肉豆腐シリーズだと思います。「豆腐全体のうち~が蛋白質で、蛋白質のうちの~が筋肉になる、では筋肉○○gつけるには筋肉豆腐をどれだけ食べればよいか」という問題文で、~の部分が学年に合わせて分数になったり、パーセントになったりします。

6M04の場合は蛋白質は80%で、筋肉になるのはそのうちの62.5%です。つまり、80%という数字の基準は豆腐全体で、筋肉になる部分の基準は蛋白質になっていて、基準の変化をどう扱うかが工夫のしどころです。11月28日の記事でご紹介したしまりすさんが、ご自身のブログで12月19日に、この問題のお嬢さんの答案をアップされたので、勝手にコラボして、ここでもパセリの答案を載せます。

パセリ(当時小4の5月)の答案。

6m04.jpg

まずは豆腐の62.5パーセントが蛋白質である図。円グラフの中の62.5パーセントの上に(100g)と書いてありますが、これが付けたい筋肉の量です。これが筋肉であることは、100gの上に描かれた腕の力こぶの絵で示しています。右側に基準100%(豆腐)ー62.5%(筋肉)=37.5%と筆算していますが、ここですでに間違えてます。62.5%は筋肉ではなく、蛋白質ですから。その間違いに気付かず先へ進みます。

6m04 (2)

豆腐の62.5%が筋肉100gであるという間違った図です。残りの37.5%の成分は何なのでしょう?わかりません。62.5-37.5などとやっていて、益々おかしなことになっていきます。多分、自分でも何をやっているか分からなくなってきていたと思います。

このあと、B4の紙3枚に渡って迷走を続けます。(解読不能のため省略)しかし、突然ひらめきます。

6m04 (3)

筋肉全体を5つの円で表します。すると、その80%である蛋白質は、鉛筆で囲んでいる円4つ(上の3つと下の左の円)。蛋白質全体が円4つですから、円一つは蛋白質全体の25%。よって、筋肉になる蛋白質の62.5%=25+25+12.5(円半分)ということで、上の右、中央の円、および左の円の右半分(=円2.5個)です。これが筋肉100g。上の左の円の左半分と下の左の円は、蛋白質のうち筋肉以外の物(「他」と書いてあります)になる部分です。筋肉100gは円2.5個で、豆腐全体はその倍の円5個ですから、食べる豆腐の量は200gになります。

しまりすさんのお嬢さんは~%の~の部分の数字を工夫して解いています。基準の変化(豆腐→蛋白質)をよく理解していることが分かります。なぜなら、日常的には%の付く数字は100までのことが多いのに、100以上の数を自信を持って使っているからです。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

参考ブログ:どんぐりころころ~しまりすの日々の暮らし~
スポンサーサイト

コメント

あざやかですね~

いや~コラボしてもろてうれしいです~。
パセリちゃんの、

>筋肉全体を5つの円で表します。

というところ、あざやかですね~。

>基準の変化(豆腐→蛋白質)をよく理解していることが分かります。

そうか・・・私にはまだようわからんのです。

>日常的には%の付く数字は100までのことが多いのに、
>100以上の数を自信を持って使っている

はっはあ。こんなこと、
ハーモニーさんに言ってもらわへんかったら、
一生気ぃつかへんかったと思います。
ありがとう~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
プロフィール

ハーモニー108

Author:ハーモニー108
FC2ブログへようこそ!
1995年早生まれの男の子(ミント)、1997年生まれの女の子(パセリ)の母親です。主として、目からウロコが落ちるステキな子育て・学力養成の理論&実践方法を提供しているどんぐり倶楽部について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。